アフィリエイトを行う上でWeb技術や使われる言葉、
分析に関係するパラメータなどについて
知っておくべき事は色々とあります。
ホームページやブログを制作しなければ、
アフィリエイトプログラムに会員登録しても儲かりません。
テーマを考え、テーマに沿った内容で
アフィリエイトサイトを作る事で
多くのネットユーザーに興味を持ってもらい、
そして、掲載している広告にも興味を持ってもらって
商品を購入してもらったり、
サービスを利用してもらったりする
環境を作る事が出来ます。
ブログとサイトの違いを理解して使い分ける事によって、
管理者が望む形の情報発信が出来るようになります。
サイトは、複数のWebページの集まりの事を指し、
インターネットが登場した比較的初期からある姿です。
一方で、ブログはWebログの略称であり、
主にネットにおける日記として利用し、
出来事をログとして残すタイプのメディアです。
ブログがより発展して、
コミュニティ間でメッセージのやり取りや
日記で状況を伝えられるようになり、
タイムラインで過去のやり取りを確認出来る
ものがソーシャルネットワーキングサービスです。
ブログは、新しい情報を毎日発信するのに適しており、
日時別やカテゴリー別など
サブページも個々に設定する事が可能です。
管理画面で公開している記事を一元管理する事ができ、
掲示板のようにコメントを残せたり、
トラックバックによって、
他のブログユーザーがどのような情報を発信しているかを
紹介したりといった機能が搭載されています。
Webサイトもブログのような機能を搭載する事は可能ですが、
ブログよりも自由度が高いレイアウトや
機能を設定する事が出来ます。
CMSと呼ばれるコンテンツ管理システムを使う事で、
ブログが持つ機能をWebサイトに搭載する事ができ、
テンプレートによって
複数のページを同じデザインで出力する事ができ、
管理画面でコンテンツを管理する事が出来ますので、
効率的でメンテナンス性が高いホームページを制作出来ます。
ブログは、CMSを使わなくても、
無料で利用出来るサービスが多くの企業から提供されており、
検索エンジンに存在を把握されやすいように
最初から調整されていますので、SEO対策にも有効です。
システムの使い分けは、ランニングコストにも影響を与えます。
レンタルサーバは、高機能であったり、
専有で機能を使えたりする物は月額利用料金が高くなりがちです。
ブログに関しては無料サービスもありますので、
企業で使うのではなく、
個人で運用するのなら安く済みます。