失敗しないタイトルの決め方

アフィリエイトでブログやホームページを作成する際に、
ある意味、本文記事以上に一番重要な要素がタイトル決めです。
適当にタイトル名を考えてしまうと、修正する事ができても、
それまでの過程がなかった事になるだけに、
後々後悔する事になりますので、
世に出す前にしっかりと考えてから作成する事が重要です。
普通、どういう経路で訪問者が自身のブログやホームページに
訪問してくるのかと言えば、
やはり検索エンジンからの訪問が圧倒的なはずです。
サイトを作っただけでは、
制作者自身しかその存在を知りませんので、
誰も来ないからです。
検索エンジンに自身のサイトが認識されて初めて、
訪問者が来るだけにタイトルはとても大事です。

タイトル付けには、2種類の意味があります。

人間の利用者、
訪問者を誘導するタイトルと検索エンジン向けのタイトルです。
検索エンジンを意識したタイトル付けとしては、
当然メインとなるキーワードを含ませる事が大前提です。
しかし、その1つのキーワードだけでは
無関係なサイトなども検索に引っかかる事になりますし、
検索で上位になる事はまず困難です。
そのため、メインとなるキーワードと一緒に、
サブとなるキーワードを組み合わせる事になります。

このサブキーワードが肝とも言えます。

このサブキーワードによって、
サイトの方向性、
内容を示す事になるからです。
サブキーワードがある事で、
その内容を知りたい利用者が訪問するキッカケになるため、
サブキーワードで訪問者の絞り込みをすることにより、
検索エンジンで上位に表示されやすくなります。
サブキーワードが多すぎても、
伝わる情報が散漫になりがちですし、
一方で少なすぎるとライバルも多くなりますので、
伝えたい記事本文をサブキーワードがいくつで
最大限に伝わるのかを吟味して
タイトルを付ける事が必要となります。
悩むのは、サブキーワードが思い浮かばない、
浮かんでも種類が少ない事があります。
検索する際に、
メインとなるキーワードを入力すると思いますが、
この際に一覧で関連候補が表示される事があります、
ここで表示される内容は多くの人が
メインキーワードと一緒に組み合わせている
サブキーワードです。
つまり、それだけ知りたい人がいるという
需要があるキーワードと言い換える事ができますので、
これらを参考にしてタイトルを考えるのも有効ですが、
最終的には利用者が見て、内容を知りたくなる事が一番大事です。
あまりにも単語を組み合わせすぎて、
人の目に不自然なタイトルにならない様に
バランスを見て、
利用者にも優しいサイト作りを心がけましょう。