アフィリエイトブログを運営していく上で、
もっとも大きな命題ともいえるのが
「アクセス数」です。
何もしなくても毎日何十万人も訪れる、
という方は何も対策を行う必要がありません。
記事すらも、
最低限あれば良いだけで増やす必要すらないのです。
しかし、そんな神話が許されるのは、
よっぽど人気のある世界的なタレントさん達のみですね。
ごく一部を除いては、
当たり前にアクセスアップの施策、
つまりはSEO対策をとらなければなりません。
よく目にする単語「SEO」ですが、
これは一体何なのでしょうか。
私たちはインターネットに接続して、
何かを知りたくて
Googleなど検索エンジンを用いて調べ物をします。
その際、入力された単語群から、
ユーザーが求めている回答に最も適している、
と検索エンジンが判断したもの順に、
検索結果は表示されているわけです。
この仕組みを分析・活用して、
自分のサイトに反映させる、
この施策のことをSEO対策と呼ぶのです。
しかし、SEOと合わせて話題にのぼることの多い
「SMO」はご存知でしょうか。
釈迦に説法でしたね。
これは、「Social Media Optimization」の略であり、
TwitterやFacebookといったSNSを利用して、
そこからあなたのサイトの認知度や評判を高めて拡散させていく
アクセスアップの手法を指します。
要約すると、
SEOはGoogleの検索エンジンの仕組みを利用した
アクセスアップ方法、
SMOはSNSを活用したアクセスアップ方法となります。
数あるSNSサービスの中でも、
Twitterほどの高いリアルタイム性を持つSNSサービスでは、
一度火が付くと瞬く間に広がるという、
恐ろしいまでの拡散力を持っています。
これを活用しない手はありません。
アカウントの作成は無料で、
メールアドレスがひとつあれば可能なので
是非、ひとつアカウントを持っておくと良いです。
気になるアカウントもフォローしておけば、
最新情報も自動的に流れてくるので、
情報を常にキャッチする、というもうひとつの目的を果たすためにも
是非、作成しておいてください。
こういったSNSサービスでの拡散のメカニズムは、
二次情報の枯渇にあります。
例えば、いまの宣伝方法は、
製品を開発・販売している企業の情報である一次情報と、
その製品を購入・使用した一般人の感想つまり
口コミである二次情報のふたつが大きな柱となっています。
情報教材をおススメする場合も
そうですよねセオリーですね。
そして、インターネットにより膨大な情報が受けられる今、
ユーザーが欲しているのは「誰かが利用した、客観的な意見」。
Twitterなどは、
それの絶好の場なのです。
製品を買ったらツイート(^_^)v
使ったら感想をツイート(^_^)v
こんな色だよ、とツイート(^_^)v
うまく、
これを自分のサイトを宣伝してもらえるよう、
フォロワーを導くことがカギとなるのです。