アフィリエイトをする際には、ブログやホームページを作成して、
主要なコンテンツ記事を紹介する事になる訳ですが、
意外と悩みがちなのは、ブログ、ホームページでどういった配置、
構成にするかという点があります。
具体的には、
サイドバーの配置などです。
ブログの場合では、主に2カラム、3カラムといった
サイドバーを配置した構成が一般的に使われています。
2カラムは、左右どちらかにサイドバーを配置した構成であり、
3カラムは左右両サイドにサイドバーを配置した構成となっており、
これだけでもかなりブログの見た目の印象がガラリと変わります。
アフィリエイトでは、
ブログは2カラムが一般的な配置構成とされており、
あまり情報量の多くなりがちな3カラム構成は
好まれない傾向があります。
その理由の一つに、
ブログ訪問者の目線が影響している事が挙げられます。
普段は何気なく閲覧しているブログなどのページですが、
ブログ訪問者の目線は大体、ある動きの傾向があります。
いわゆるアルファベットのZの動きとされている物で、
訪問者の視線というのは左上側から右下側にかけて、
Zの様な軌道で動いてページを見ていると言われています。
このZの視線の動きを妨げない様なサイドバーや
メインコンテンツである本文を配置する事で、
ブログ訪問者にストレスを感じさせずに、
ページ内の情報を見てもらいやすくなるという効果が期待できます。
Zの他にFの動きと言われる事もありますが、
やはりどちらも左上側から下に動くという基本的な軌道は変わらないです。
それらを踏まえると、
2カラム構成でサイドバーが右配置が好ましいと言え、
見てもらいたい情報をどこに配置すればいいのかが見えてきます。
それらの位置に、
目玉となるコンテンツや広告を配置する事で、
効果的に訪問者を誘導する事ができるとされています。
主に左上がしっかり読ませたい、見せたいコンテンツ、
右上がクリックさせたいコンテンツなどと
配置を組み合わせる事で訪問者に
分かりやすく情報を伝えやすいブログにする事が可能です。
当然の事ですが、
サイドバーは重要な要素のひとつではありますが、
あくまでもそれはメインの本文記事があっての物です。
ですから、肝心の本文の内容が不十分で薄くなっていては、
せっかくのサイドバーの情報も
軽く見られてしまいかねませんから、
しっかりとした
メインとなるコンテンツのクオリティーを上げて、
サイドバーの他の情報にも注目してもらえる様な
内容の向上が必要となります。