グーグルの検索クエリに対して
自身のコンテンツを上位表示させるために
重要だとされてきた「SEO対策」ですが、
近年ではその効果が
あまりなくなってきていると言われています。
グーグルのクローラーに関するアルゴリズムは
年々改良されていき、
その都度評価に関する基準は変わっています。
分かりやすい例で言うと、
以前ならば「とにかく被リンクを集めること」や
「検索キーワードを多く詰め込む」というだけで
検索順位は上がっていました。
そのため、コンテンツ内に見えない形で
キーワードをたくさん含める方法や
他のサイトなどを作って
被リンクを稼ぐという方法で、
検索順位を上げるような手法がとられていたのですが、
現在ではそれらの手法は
全く意味が無くなってしまっています。
むしろ、
そうした方法で獲得した被リンクは
ネガティブな情報として
クローラーに評価されるようになっているほどです。
では、
今現在グーグルから高評価を得るためには
何が必要なのかと言うと、
「コンテンツの質」です。
コンテンツ重視の評価ができるような
アルゴリズムが搭載され、
グーグルのクローラーは以前と比べると
はるかに人間的な評価が出来る程にまでになっています。

コンテンツに対して
「ユーザーにとって価値のあるものかどうか」
ということを判断し、
さらにそこに集まっている被リンクについても
「ユーザーにとって価値のあるサイトからのものかどうか」
を判断して評価します。
もちろんあくまでも
「機械が評価している」という
状況に変わりはありませんが、
少なくとも以前の様な「数重視」の評価ではなく
「コンテンツ重視」の評価になっていることだけは確実です。
実際にどのような基準で評価が決しているのかは
グーグルの開発チームしか把握していないようですが、
アフィリエイトやアドセンスなどで
収益を上げていくためには、
「コンテンツの質を高める」
というSEO対策が
最も効果的であるという状況になっています。
詰まるところ、
SEO対策は必要なもので
その効果も十分に期待が持てるという
状況は変わっていませんが、
「どのようなSEO対策をすればいいのか」
という点が大きく変わっています。
過去に良く行われていたような
意味のないSEO対策は何の役にも
立たなくなってしまいましたが、
効果的なSEO対策に関しては
現在も十分な効果が期待できます。
というよりも、それをしなければ
上位表示される可能性が低くなってしまう以上、
以前よりも高いレベルの
SEO対策が必要になっていると考えます
読者様目線で如何に
有益な情報を発信し続ける事が出来るかです。