インターネットで通信販売を行う場合、
あるいは企業の商品やサービス案内を行うとき、
自社のホームページやブログを通じて
アフィリエイトを行う場合にはなるべく集客したいと考えるものです。
そのようなときにはキーワード検索をかけた場合に
ヒットしたページの最上部に表示されることが望ましいとされ、
このことに対してこれまで色々とSEO対策がなされて来ました。
サイト登録の後、検索のポータルサイトにおいても
自動的にサイトの巡回が行われたり、
データベースが積み重ねられて来てはいますが、
時おりその内部構造のアルゴリズムにも変更が加えられて
現在これといった対策を立てられない状況にあるようです。
しかし言えることはコンテンツ内容を充実させて
価値あるものにすることで
SEO対策は有効になると言われています。
そしてポイントは3つあります。
現在ではポータルサイトのアルゴリズムは
極秘事項であるためにSEOのことはわからない」
というところから出発することが大切です。
そしてSEOではアルゴリズムも
バグやエラーはつきものであるために
ガイドラインは示されていても絶対にこうである!
という決めつけはできないというのが1つのポイントです。
そして2つ目のポイントは
基本的にはページを作って更新するだけで
特段何もしなくて良いということ、
つまり余計なことはしなくて良いということです。
技術を研究してあれやこれやと打つ手を考えると
そのしっぺ返しが跳ね返ってくることもあります。
相手は世界の技術のエキスパートでありヘタをすると
ペナルティによって順位を落とすこともあり得ます。
SEO対策のことを考えるよりは
運用に特化することが大切です。
サイトを訪れた人が
また見たくなるようなコンテンツ
そしてそのページでは満足させてくれる内容
というのが一番望ましいものです。
ここから言えることは
紹介したくなるサイトを運営して行くのが
ネックになるということです。
つまり質の良いサイト作りを行うこと、
これは現在得られる情報を駆使して
いかにコストを抑えて
質の高いサイトを作って行くかに尽きるものです。
3つ目のポイントはホームページの依頼は
丸投げするのではダメで、
会社の経営と同じでSEO業者やWebコンサルタント業者と共に
チームが一丸となり1つ1つの工程が
足し算でなく掛け算で繋がっていなければならないものです。
そしてどの部分を外注し、
どの部分を自社で行うのかも明確にしておく必要があり、
各業者の選び方というのがその点重要なものになって来ます。