アフィリエイトをブログを使って行う場合にはそこへ登録して販売商品広告を貼り付けるためのASPのIDを取得します。商品価格が低めの場合には多く売らなければ手数料の率からいってある程度の収入に結び付きません。
商品が売れるにはそれなりの理由があるものでこれは信用と密接に関係しています。そして人の場合もサイトの場合も無意識のうちに人やサイトについて安全なのか、信頼していいのかの判断をしているものです。
これは接客業や営業を行う場合、Webマーケティングにおいても同様でテクニックとして活用され、さらには家族の問題や職場においても同様に活用できるものです。

両面提示片面提示について

商品の説明を行う場合には優れた面のみ、あるいはデメリットのみ伝える場合と、デメリットもある反面メリットもあるといった両面を伝えることもあり、前者は片面提示、後者は両面提示と呼ばれています。
使い分けとしては説得方向へ向かう場合には片面提示が使われ、反対の方向へ導く場合には両面提示が有効とされています。ユーザーの購買行動は注意を促して関心を惹き、検索をかけてから購買行動に走り、情報を共有するという傾向が見られます。従ってアフィリエイトにおける場合もこの購買行動に合わせて提示を行ってゆくように配慮すればうまく行くとされています。

ネットでの販売事例としては

まず商品や製品、サービス内容のうちのメリットを全面的に掲げることが大切で、これでもって購買見込み客にインパクトを与えます。最初に訪れるホームページでは片面提示でメリットを羅列して注意を喚起し、興味や関心を持ってもらうことが先決問題になります。次の段階でユーザーは検索サービスなどを利用して他の商品や製品、サービス内容を見て比較を行います。
そして情報量を得るとともに少しずつ知識のレベルも上昇して来ます。この段階では懐疑的な見方も出て来る可能性がありますのでその場面では両面提示を行ってなるほどと納得させる内容を盛り込むことになります。その際には一点の疑いもさしはさむ余地のないように説明が行われなければなりません。
そして順番も大切でありデメリットを示した上でメリットを提示することが大切です。なぜなら最後に出された結論が言葉として記憶に残るからです。
又、デメリットも一緒に伝えたい場合もありその際にはデメリットを最後に持って来ることもあります。その場に応じて臨機応変に対応するようにしたいものです。
商品や製品、サービスの購入を考えるときにはそれを購入することでこういう効果があるとか、こういう得になる、あるいはこれを購入した有名人が確かに良いと発言していることなどが書かれていると思わず背中を押されたような効果を持ちます。これが申し込みボタンを押してしまう効果を持ち、片面表示が有効であることが分かります。

ペルソナデザインについて

ペルソナは仮面とか人格といった意味があり心理学上では表面的な人格のことを指します。マーケティングの面からいうと企業とか個人が提供する商品や製品、サービスでは最も重要であり象徴的なモデルのことを指します。そしてこのモデル像を作ることは一般にペルソナデザインと呼ばれています。
徹底した顧客の観点や視点からそのニーズをつかみ、顧客としてのモデルを発見して開発しそれを基準にして強い影響力のあるコンテンツを作成することができるようになります。つまり一番最適とされる見込み客の設定の方法ということになります。これによって見込み客の像が具体化されてターゲットを絞り込むことも可能になります。
具体的な設定の方法としては名前や性別、年齢を設定します。具体的に容姿や住所、職業、所得、実家の住所、現在の貯金の額、学歴、交友関係、趣味や嗜好、価値観、悩みや劣等感を仮定できたらそれからそのストーリーをさらに発展させて行きます。
例えば1日の始まりから現在の問題や課題、商品の選び方、モットーとか尊敬する人、結婚、情報の収集方法、これらの情報を整理することで基本となる軸というものが見えて来ることがあります。アフィリエイトのブログにおいてもこれらのことが活用や応用できます。

まとめ

ものを購入する場合には無意識のうちにそのサイトが安全であるかとか信用できるサイトであるのかという面を見て行動しているとも言えます。ものを伝える場合には両面提示の方法と片面提示の方法があり、一方向へ導く場合にはメリットのみを述べる片面提示のほうが効果的とされています。又、一般的に人の購買行動にはパターンがありこれを理解することも大切です。
ネットにおける販売の事例としてはメリットを全面的に提示するのが効果的とされています。そしてメリット・デメリットを提示する順番はデメリットを掲げた後にメリットを掲げると、最後の説明が記憶に残るので効果的とされています。
ペルソナデザインはターゲットを想定する場合にはできるだけ具体的に設定することで基本となる軸も見えて来ることになります。