よくブログでは言えないことを書くので、私のメルマガに登録してください。という言葉を見かけますが、それって何?と感じます。ブログの内容とメルマガの内容。ブログの内容の方が薄いのかな?今の、私はブログで全部書いちゃいますけど。
リスト…リスト…リスト…
今日は、日本人「あるある」の右へならえ!皆と一緒ならそれが正解だ!みたいなことを書きますよ。バンドワゴン効果←これってモロ日本人だから。
インターネット上で手軽に利益を獲得できるアフィリエイトは便利な物ですが、お互い顔の見えない取引である事が多いため心理学的に相手の購買意欲をそそる必要性があります。アフィリエイトで利益を獲得するためのサイトとそれを紹介するブログを別で運営し、商品を販売するサイトでは商品を紹介する構成に力を入れ必要以上に宣伝する事を控えておきます。
そしてブログの方では積極的に商品の購入を促す記事を作成しておき、そうやって消費者目線と販売者目線で語っている状況を自分で作りだす事で購入見込み客を増やす事ができるのです。こういった心理的に揺さぶる方法は現実の店舗も行われており、売り場の商品を置くところや販促物の展開の仕方は特に計算されている事が多いのです。
不況が叫ばれている現代では受動的な商売よりもこういった能動的に販売活動を行う姿勢の方がより多くの利益を獲得できる可能性が高く、商売の定番テクニックとして多くの販売者に認知されています。

マーケティングリサーチについて

商品購入ページではどういった人に購入されているのかをリサーチする事ができますが、あくまでデータ上のリサーチにすぎません。そこで商品を、購入を促しているブログでコメント欄や掲示板を作成する事で、利用者の本音を聞き出すといった事も重要になってきます。
そこで自分が利益を獲得しようとして作っている状況は、正しい物かどうなのかという点のマーケティングリサーチを行う事ができるため、今後さらに売り上げを伸ばすための重要な情報になってくる可能性が高いのです。また例えば、男女共用で使う商品に限っては男女間で大きく物の見方も違うので、コメント欄や掲示板等で本音を聞き出すと、有効な宣伝活動のヒントが得られるという事もあります。

商品が購入され利益を獲得するまでの道のりについて

売り場や宣伝活動の方法は実店舗とあまり変わりはありませんが、ネットでの販売事例は少し特殊な現象が起きているという分析結果がでています。というのもインターネットで商品を購入する場合顔の見えない取引であるため、信用性という部分が購入動機の大きな要素になっています。
そのためバンドワゴン効果と呼ばれている購入動機現象の発生が非常に重要で、バンドワゴン効果を如何にして発現させるかというのが、アフィリエイターの永遠のテーマであるといえます。バンドワゴン効果とは、多くの人が購入しているという実績を購入見込み客が見て、自分もその商品を購入してみようという気になるという現象の事を指します。
そのためブログやそのコメント欄、掲示板コンテンツ等で購入者が発言した情報は、見込み客にとって非常に有益な情報になっており、上手くそれを引き出すことができれば購入確率は非常に高くなるのです。

購入環境を整えるためのペルソナの作成

インターネット上で商品を購入してもらうには、あらゆるサービスを充実させる必要があります。しかし闇雲にサービスを充実させるのではなく、ある程度購入対象を絞った仮想客、つまりペルソナを作成する事が有効とされており、この作業によって自分のビジネスの目標が立てられるというメリットが存在しています。
ペルソナの立て方としては大まかな商品購入希望者を想像し、どういったサービスを希望しているのか、どういう宣伝をすれば購入してくれるのかを消費者目線で考えるのです。こうする事で経営者ではなく消費者としての宣伝活動が行えるため、より商品の魅力を最大限生かしたマーケティングができるようになるのです。
そのためにも購入サイトの他にもブログ等の運営は欠かす事ができず、ここでの宣伝や対応が商品の売り上げに直結するといっても過言ではありません。

まとめ

インターネット上ではアフィリエイトが最も有名な利益獲得方法になっていますが、実店舗と同じような手法が役立つ要素もあれば、ネットでの販売事例ならではのテクニックも存在しているため、状況に合わせた展開が必要になってきます。特にバンドワゴン効果が購入現象として発現すると爆発的な利益を獲得できるため、ペルソナの作成やブログによるマーケティングリサーチが非常に重要になってきます。
特にペルソナはどういった人に購入してほしいのかなどを改めて考える事になるため、自己分析をするという意味でも大変重要な作業ですし、その他WEBサイトによる掲示板やコメント欄の作成による情報収集も、閲覧者の本音を聞く絶好の機会であるため顔の見えない商売であるアフィリエイトに大きく役立てる事ができます。
これらの情報から導き出される答えの多くは、心理的に購入意欲を促進させるという意見が多く、アフィリエイターの中には心理学を専攻し、ビジネスに役立てている人まで存在しています。
この様にアフィリエイトでは売買に関する知識だけでなく、心理的な要素や仮想客の作成等、数字に表れないようなデータの収集が重要になってくる事が多いので、利益をさらに上げたい人はより詳細な情報分析を行うと非常に効果的です。