アフィリエイトで稼ぐためのサイト作りでも、
他のWebサイト作りと同様に色の効果、
特にその心理的な側面とユーザーに与える影響を
知っておくと役立ちます。
サイトのデザインをする上で必要なカラーの配色には、
大きく分けるとベースカラー、メインカラー、
アクセントカラーの3要素があります。
それぞれに役割と色の比率がありますので
配色を決める際には参考にしてみてください。
まず、ベースカラーですが、
これは最も大きな面積を占め、
サイトの基本になる色です。
余白にしたり背景などに用いることが中心のカラーです。
メインで使われる色と
アクセントで使われる色の引き立て役をします。
メインカラーはそのサイトにおいて主役になり、
サイトのイメージを決める重要な役割の色です。
そして、
アクセントカラーは全体のアクセントとなる引き締め役です。
見る人の目を引きつけるという意味で
重要な役割を果たします。
これらのカラーの配色の比率は、
それぞれベースカラーが70%、
メインカラー25%、
アクセントカラー5%の比率で構成すると、
美しい配色に仕上がります。
デザインする際には、まず初めに、
サイトの印象を決定づけるメインカラーから決めていきます。
店でいえば看板的な役割をもつ部分なので、
文字の読みやすさを考慮して
あまり明度を上げない色が良いとされています。
どういった層に情報発信するかを考え、
色の与える影響をふまえて決定すると良いでしょう。
ベースカラーは主にサイトの背景色となる色なので、
メインやアクセントにくる色を妨げない色が適切です。
白、グレーなどが多く使われます。
そして、
アクセントカラーは面積の割合は最も小さいながら、
メリハリをつける為にも目立つ色が望ましいとされています。
色は多色使いにすると、
全体的なトーンを合わせるのに苦労しますが、
賑やかでポップなイメージにしたい場合は、
色数を増やしてみるとよいでしょう。
それぞれが持つ色の効果も把握しておくと
サイトのデザインで迷わなくなります。
大きく分けて暖色系か寒色系か、
というだけでも色の効果は大きく異なります。
赤はエネルギーに溢れて活気がある印象です。
インパクトも大きいですよね。
青はそれとは逆に冷静で誠実さや信頼性を表すことができます。
オレンジは元気で楽しく親しみやすい印象ですし、
黄色も同じ暖色系で少し似通っていますが、
活発で明るい若々しい雰囲気を醸し出します。
緑色は健康や自然、安らぎを表しますし、
黒は使い方を間違えないかぎり威厳がある感じ、
高級感を表現できる色です。
様々なサイトを見ながら、
どういった色の効果をねらってデザインされているか、
考えるだけでもとても参考になります。
アフィリエイトは特に
人を惹きつけなければいけない分野ですので、
今回のような色の豆知識を覚えておいて損はないです。