アフィリエイトでサイトを運営していると
過剰リンクやコンテンツ内容のコピーによって
グーグルからペナルティを受ける人がいます。
ペナルティといってもレベルがいくつかあり、
メールで修正依頼が送られてくるのが基本です。
大きなアップデートをしたときには
検索順位そのものから消えることがありますが、
普通のペナルティでは事前に連絡が入って、
期日までに直さなければ検索順位に表示されない対象ということになっています。
グーグルのペナルティとなる理由は大きくわけて
「リンク」と「コンテンツ」のふたつです。
過去に2度大きなアップデートが行われ、
これらの順位表示に対する整備が行われました。
まず悪質なリンクを排除する目的で、
パンダアップデートが行われました。
同じキーワードやひとつのキーワードで
何本もリンクを送られている
サイトが一気に飛ぶようになったのです。
昔はリンクを送れば
順位があがるような時代だったことを考えると
当然のことかもしれません。
意味のないリンクや価値のないリンクをなくすために
パンダアップデートによって、
アンカーテキストや順位表示によるルールが変わりました。
それまで過剰なリンクを送っていたサイトは
軒並み検索外へと消えて行ったという流れです。
ペナルティの対処法としては
アンカーテキストを分散することや
IP分散を忘れないことが重要。
(IP分散はあまり効果がないとの声も。。。)
リンクを送るときには同じIPから送らないように
心がけておくことでリンク効果を維持しておくことができます。
意識的にバックリンクを送るときは、
送るキーワードや狙うワードを絞って
リンクを送るようにしてくださいね。
コンテンツに関しては隠し文字とコピーコンテンツ、
ユーザーにとって価値のない情報を
排除するようなアップデートが行われました。
コンテンツ内容の向上をもとめて行われた
アップデートがペンギンアップデートです。
これにより隠し文字で意図的に
キーワード数を増やしていたサイトや
ワードサラダなどのツールを使って
記事を作っていたサイトが軒並み上位から消えて行きました。
現在のニーズとしては価値のある情報と
適度なリンク本数が求められています。
コピーコンテンツの対処法として考えられるのが、
金額や職業などのペルソナをしっかりと決め、
具体的な内容をコンテンツに盛り込むことです。
内容が深まれば深まるほど、
同じようなコンテンツはかけなくなります。
独自性を高める目的でも、
ペルソナを固定させたコンテンツ作りが求められていますよ。