アフィリエイトの場合、
ブログやサイトの記事更新を行っていかないと
アクセス数も増えず、
従って販売にも結び付かないことが多いです。
よくわかっていることですが、
そこに書く文章はどうあるべきか?については
難しいものがありますよね。
ですので、書き方・見せ方・読ませ方などの
訓練が必要になってきます。
アフィリエイトは簡単に稼げる副業として知られていて、
(何かの言い伝えなのか、迷信なのか、都市伝説なのかは分かりませんが。。。)
最初はパソコン用として始められたものが、
スマホやタブレット等で利用される割合が増え、
これらにも対応したアフィリエイトプログラムもあります。
パソコン画面よりも文字が小さかったり、
情報が少なかったりしますが、
それでも利用される割合は非常に多いです。
現にネット販売はそうなっています。
モノが売れない時代と言われていますが、
モノが売れるのはどういうことか、
という問題があります。
それは一部ですが苦痛を避ける!
あるいは快楽を得たい!という
欲求から生じるものとされます。
生活苦=金銭→アフィリエイト^^
金銭欲=金銭→アフィリエイト^^
なので、読者の立場に立って、
この欲求を満たすよう
訴えて行くことが効果的です。
例えばですが、快楽を得たいという欲望は、
楽しませることに結び付いている必要があります。
その商品を購入することで楽しい気分になれるとしたら、
購入しないということはないはずです。
そして表現の上からも、
そういう手法が用いられることがあります。
あくまで1例ですが、記事を書くだけでなく、
楽しいマンガなどで表現すると、
読者から共感を得られやすいという方もいます。
そして常に読者、
PCの向こうには人がいるということを、
忘れないように注意する必要があります。
その読者が求めていることに応えることで、
読者層を掴むことができるようになり、
販売に繋がることもあります。
そして、
ブログやサイトには役割があり、
この中心となるものは情報と感情、
それに稼げる記事ということになります。
情報とは役立つ有益な情報で、
ノウハウや手法、
お悩み解決の方法などのことです。
感情とは嬉しいとか楽しい、
良い気持ちといったもので
これらが伝わると親近感に繋がります。
そして商品やサービス紹介の記事になります。
それで結びついた商品・サービスの紹介を行うことや、
レビューなどの記事を書くことで成約率が上がります。
ブログ全体の記事を10とした場合、
情報は4で感情4、お金2ぐらいの割合が良いとされています。
アフィリエイトではタイトルやキーワード、
見た目も大切ですが、
このようなデータも頭に入れながら、
作業をして行くと僅かながらも結果が出るのが早いと考えます。