ソーシャルブックマーク付きも視野に入れる。

中古ドメインを購入するにあたって、
ソーシャルブックマークがある方が、
リンク効果やドメイン価値が高いです。
素直に流入があるという理由もありますが、
サイト自体が公式なもの、もしくは話題性に富んでいるもの
という評価を受けるからだといえます。
そのため、ドメインを購入するにあたり
ソーシャルブックマークの
有無に注目するかたは少なくありません。
ブックマークがあるかどうか調べるのは、
Ahrefsなどの解析ツールを使うとよいでしょう。

Ahrefsとは

海外で開発したツールで
独自クロールによる
サイトの解析を行っているものです。
ドメインランクやURランクという
独自指標に加えて、被リンク数、被リンクドメイン数が
一目瞭然となります。
ソーシャルブックマークから
リンクがあるかどうかもすぐにわかります。
Facebook,Twitter,google+,はてブなどからの
ブックマークがそれぞれ表示されており、
リンク数も確認できます。
また公共機関や教育関連の
リンクがあるかどうかも確認可能です。
ドメインの価値を判断するときに
そのような公共機関からのリンクは
価値が高いとされています。
ドメインの価値が高まるため、
バックリンクサイトとして使うときも、
メインサイトとして使うときも
価値があるというわけですね。
リンクがあることで流入する可能性も考えられますが、
中古ドメインの場合は前のサイトと異なることから
直帰率があがってしまうことが難点です。

検索順位などのリンク効果

アフィリエイトでしっかりと収益化しようとすれば、
最低条件としても
検索ワードの1ページ目にあがる必要があります。
検索順位の10位以内に入ることは
キーワードによって簡単・難しいがありますが、
サイトの回遊率や滞在時間も
チェックされていることを考えると、
検索順位も頭に入れておいたほうが良いポイントです。
ソーシャルブックマークは
ある程度リンク効果のあるものですが、
アンカーテキストがイベントの名前であったり、
特定のものであるケースがあります。
このようなときは
その固有名詞にマッチしたサイトの内容でなければ
リンク効果を受けられません。
そのような観点からすれば
ソーシャルブックマークの有無は
メリットもあればデメリットもあるといえるでしょう。

まとめ

リンク数も多ければ良いわけではありませんし、
適度なリンク本数であることが求められます。
リンクや中古ドメインを上手に使いながら、
アフィリエイトの戦略に役立ててくださいね。