あなたのマインドを石の上にも3年に変える記事です。

アフィリエイト初心者が教材を実践する上での
「守」「破」「離」とは
アフィリエイトの初心者が、
教材を使って学習を実践する場合は、
守破離を理解して取り組むことが肝心です。
守破離とは一般的に、
物事の師弟関係における、
取り組む段階や能力を表す言葉です。
守とは、人の力を借りて実践出来る段階から、
一人で一通り取り組めるまでの間を指します。
つまり、
守とは半人前から一人前までで、
この段階が本当の意味での初心者といえます。
アフィリエイトの初心者は、
教材を使い守の段階で技術を磨き、
次の段階である破を目指すことになります。
破とは守に加え、
物事を分析したり、
改善や改良が加えられる能力と考えることが出来ます。
自律的に取り組めるばかりか、
結果を更に良い状態に導けるので、
守破離においては一人プラス半人前に相当します。
取り組みがここまで上達すると、
もはや初心者とは呼べませんし、
同時にもっと高みが目指せることを意味するでしょう。
守破離とは、
これは破とは何か理解が深まっていれば、
既に大まかな概要は理解していると考えられます。
端的に守破離とは説明が求められれば、
それは成長の段階が表せる言葉で、
アフィリエイトの実践にもあてはまると答えられます。
最後の段階である離とは、
守と破の意味を把握した時点で、
多くの人がイメージ出来ているはずです。
離とは守破離の最終段階で、
新しい技術を生み出したり、
知識が開発出来る想像力が身についています。
これ以上のない上限なので、
成長はここで終わりと思われがちですが、
実際は守破離の概念が不要になる程、
著しい成長を遂げた結果と表現出来ます。
守破離の概念とは離れ、
独り立ちして己の道を歩むことが出来ますから、
まさに成長における理想的な姿といえるでしょう。
守とは基本を守り、
実践の中から破を目指す段階と定義出来ます。
アフィリエイトにおいては、
教材の力を借りて基礎を学び、
実践しながら技術を学ぶ初心者です。
破とは、
基礎に留まる段階を破り、
自律的に取り組めることに他なりません。
学びの基礎を身につけ終え、
自らあれこれと工夫してみたり、
応用を利かせて初心者を脱する段階です。
そして離とは、
教材や指導者の元から完全に離れ、
独立して実践を取り組むことをいいます。
指導内容を全て覚えて、
応用出来るばかりか新しいアイディアが生み出せるので、
完全に独立開業が実現する状況です。
改めて、非常に簡単な例えとしてアフィリエイトに各段階をあてはめると、
守破離とは教材を使って構築したり、
それを本人なりに工夫を加えて、
最終的には一から構築出来る三つに分けられます。
アフィリエイトにおける具体的に守とは、
予め用意されている要素を組み合わせ、
簡単なカスタマイズが加えられることでしょう。
ブログだけで簡単に例えると
ヘッダーの位置や内容を始めとして、
本文とサイドバーの位置関係、
基本的な配色等があてはまります。
守の段階で技術を磨き続ければ、
フォントサイズや情報量、
情報を見せる順番等の理解が深まり、
閲覧者の興味を広告に導く方法が分かり始めます。
次に破とはより段階が進み、
どうすれば効果的なサイトが構築出来るか、
頭を使って効率化が進められるようになります。
例えば、
成功しているデザインを参考にしたり、
分析を加えて良い部分と改良点が挙げられます。
分析結果が自らの取り組みに応用出来る段階になれば、
基本は学び終えたと見なせますし、
最終段階が目指せる技量が身についたと判断可能です。
離の段階まで到達すると、
基礎的な知識は全て頭に入っているはずなので、
何も見なくても一通り完成させられます。
ウェブサイトやブログが完成した後は、
問題点を洗い出してブラッシュアップが始められますから、
誰も文句のつけようがないクリエイターと認められます。
元々、
守破離とは武道や茶道、
芸術の分野で発達した概念なので、
他の分野でも成長の段階にあてはめることが出来ます。
明確な師弟関係が持てる師匠の存在が前提となりますが、
直接的な指導者がいないとしても、
教材ならある意味で師匠と見なせます。
師匠に見立てる時は、
指導の型を知って守ることを意識して、
完全に型にはまる瞬間を見極めることが必要です。
型にはまる、
この言葉はあまり好意的に受け止められませんが、
何かを学ぶ場合においては重要です。
次の破とはつまり、
型を破ることを意味しているので、
破る為に型を理解して身につけることが不可欠です。
最後の離とは、
型を守ってから破る一連のプロセスを経て、
全部終えた後に師匠の元を離れることを意味します。
もう学ぶことは何も残っていないので、
晴れて独立することが出来ますし、
それからは誰の力も借りずに成長し続けられます。
何れの段階においても、
経験から学び覚えることは多く、
取り組まなければ上達するのは困難です。
段階を経て離を目指せば、
その時点で集客方法であったり、
効率的な広告の使い方が理解出来るようになっています。
独学で学ぶ人は、
見よう見まねで挑戦しようと考えますが、
型が定まらないので意識が散り散りになります。
師匠の存在があって型が定まっていると、
学ぶべき基本が分かりますし、
目標が明確になるので効率的に上達出来ます。
師匠としての教材です。