コンテンツのタイトルは、
そのページのアクセス数を左右する
非常に大きな指標となります。
タイトルで共感を得られればクリックにつながりますし、
このサイトなら自分の問題を解決してくれそうと思えば
アクセスにつながります。
人は良い悪いではなく、
感情で買うか買わないかを判断しているので、
タイトルに含まれているワードや
そこから感じ取れる雰囲気は重要なポイントです。
タイトル決めをするときに
意識しておいたほうがよいのは、
誰に向けた記事なのかということ。
ペルソナを明確にイメージし、
目の前の方にプレゼンテーションをするような感覚で
タイトルをつければうまくいきやすいです。
アフィリエイトを行うにあたって
ペルソナ設定は非常に重要です。
ペルソナが世間のニーズにマッチしていれば
大きな成果につながりますし、
ズレていればいくら上位表示しても
それほどクリックされないキーワードになってしまいます。
扱っている商品は誰が求めているのか、
そのニーズを満たすために効果的なものは何か、
その人にとって一番いい商品は何かを考え出していけば、
自ずと答えは見えてきます。
アフィリエイトという仕事は単なる売りつけではなく、
検索ユーザーの問題解決や疑問の解決に貢献する仕事です。
検索している人がタイトルから
「このサイトなら…」と思ってもらえるような
タイトルの決め方が求められます。
具体的には!共感!
キーワードをいくつか盛り込んだ
SEO対策がしっかりとできていることが
条件となるでしょう。
共感を得るために無駄に長いタイトルは
グーグルの評価としても望ましいものではありません。
メインキーワードでない単語を
いくつか盛り込んで、
狙っているキーワード以外の流入も
掴み取っていく必要があります。
検索による流入が増えてくれば、
自分が扱っているユーザーが抱えている悩み、
問題点、ニーズが明確になってきます。
そのワードを使ってサイトを作れば
他社との差を作り出すことができますし、
買い手が求めているワードでサイトを作ることができるので、
効果的な運営が可能となるのです。
狙うジャンルもそうですが、
タイトルやキーワードの選定
非常に重要な作業となっています。
この2つが間違っていなければ
半分は成功したも同然です。
あとはタイトルにそったコンテンツ作り。
価値のある記事を作っていくだけとなります。
最初はなかなか成果の出ないアフィリエイトですが、
加速するときは一気なので、
そこまでの修行を楽しみながら
良いサイト作りに役立ててくださいね。