インターネットの普及は
世界中の情報を簡単に集められるのと同時に、
個人の情報の発信においても
そのハードルを格段に下げました。
一昔前まではなにかしらの出版媒体に投稿するか、
自分たちで同人誌を作るしか方法がなかったのです。
この革新的な技術の進歩は
ビジネスの在り方も
大きく変えようとしています。
インターネットでの集客は
電波や活字の世界と違い、
規制がそれほど厳しくなく、
放送時間や出版日などの時間に縛られることはありません。
一度インターネット上に挙げた情報は
投稿者が意図的に削除しないかぎり、
延々と残り続けます。
その情報のアクセス数は
そこにあり続ける限り増える一方で
減ることは決してありません。
一見、
当たり前のことのように感じられるこの現象は、
個人が広告塔となり得る
システムの基本となっています。
情報を積み重ね、改良を重ねていけば、
大金を払って広告代理店にコマーシャル政策を依頼するより
遥かに有効的な宣伝媒体が出来上がります。
これがアフィリエイトの成功の秘訣です。
アフィリエイトを
始めようとする人のほとんどが成功しない理由に、
すぐに利益を追い求めてしまう
という点があります。
紙媒体は情報が古くなったり、
新しいものに変えようとすると
1から作りなおさなければなりません。
しかし、
インターネットはすぐに改良ができますし、
古いデータもそのまま使えるのです。
利益を出すためにはこの積み重ねが重要です。
「ちりも積もれば山となる」
ということわざにあるように、
日々記事を書き続ければ
ある日を境に一気に利益が伸びます。
コツは記事の終わりに
関連記事を載せることです。
インターネットの面白いところは
お客様がやってくる方向にも
その種類に限りがないというところです。
どこかでお店を開いた場合、
そこにやって来るまでの道のりは限られます。
目的があるお客様ならば
多くの人が似たような意志を持って
やって来る事でしょう。
しかし、
インターネットはまったく違う検索ワードから
ふとしたきっかけで、
自分のページに訪れる人が多くいます。
まったく興味のなかった人に
新鮮な情報を与え、興味を引き、
そこで物が売れれば大成功です。
関連記事は
検索エンジンの巡回ロボットの
目に留まりやすいようにする
手段でもあります。
関連記事のリンクが貼られていれば
ページそのものは独立していても、
ひとつの大きなサイトとして認識され
検索に引っ掛かりやすくなります。
面白い記事を書いていれば、
商品そのものに興味がない人でも
別の記事を呼んでみたいと
関連記事をクリックする可能性もあります。
終わりまで読んで頂く文章を作成して、
関連記事への誘導が
アフィリエイトで成功するためのコツです。