アフィリエイトの、
特にランディングページなど
重要な記事は1人でも多くの人に
読んでもらうことが重要です。
商品(情報教材・ツール・コンサル・塾)
やサービスの魅力を紹介して、
多くの人に読んでもらえれば、
成功報酬を得る可能性が高くなります。
多くの人に読んでもらうためには、
時間をかけずに読める短めな記事であることが重要です。
閲覧者は自分の紹介記事だけを読むわけでなく、
不特定多数の紹介記事で興味を持つものを読みます。
その記事が長い記事だと、
ちょっとしたスキマ時間を利用して、
閲覧していれば、長い文章を読む時間がないので、
内容に関係なく読まない事があります。
また、閲覧者はいろいろな媒体で記事を読みます。
PCなどの大型ディスプレーであれば、
長い記事でも全体が見えて読むことができますが、
スマホのような小型ディスプレーであれば、
長い記事を読むのは面倒です。
時間をかけずに読める短めな記事を作成するには、
簡潔な文章でまとめなければいけません。
ただ、
簡潔な文章だと、記事をうまくまとめるのが難しくなりますが、
見出しをつけると簡潔な文書でも記事をまとめることができます。
メリットとしては、
記事全体に区切りを入れることで、
つなぎの文章を省くことができるので、
短い記事になりやすくなります。
また、区切りを入れることで、
閲覧者は一呼吸置きながら、
記事を読むことができるので、
読み疲れで、集中力を失わずに、
記事をしっかり読でもらえます。
見出しの文字は記事の文字より大きかったり、
イラストや目立つフォントを使うので、
閲覧者が最初に目につきます。
興味深い見出しにすれば、
記事を読みたくなる閲覧者が増えます。
また、SEO(検索上位表示)対策として
見出しを利用することもできます。
例えば、検索ランキングで高い単語をあえて、
見出しにいれることで、
閲覧者の注目度が大きく変わってきます。
アフィリエイトで見出しを入れることは
メリットが大きいといえますが、
使い方を間違えるとメリットではなく、
デメリットになることがあります。
見出しは閲覧者が最初に目につき、
それによって、記事を読むか判断します。
そのため、見出しの内容が悪いと
記事を読んでくれない可能性が高くなります。
良い悪いの判断基準はネットで検索や
広告・雑誌・新聞などが参考になります。
自分が閲覧者になったつもりで、
記事を読んでみたいと思うような
見出しであれば参考にすことができますし、
怪しい広告だと思うような見出しは、
悪い例として、
使わないように気を付けるようにすれば良いでしょう。