アフィリエイトにおいてのブログ運営では、
SEO対策ともなる
ツールや中古ドメインなどを活用した対策は
有効的なものとはなっていますが、
アフィリエイト記事の構成もまた重要で
検索上位に上がっていくためにも
有効的な手段となります。
アフィリエイト記事に最適な構成として
description(ディスクリプション)の
設定は大事なものであり、
Googleなどの検索エンジンは、
固有のディスクリプションメタタグが
用意されていた方が理想で、
良いウェブページの作成へと繋がります。
検索エンジンへ与えるメタ情報の説明ともなり、
基本的な考えとしては、
記事の文章となる記述で、
長文や短文の場合Googleウェブマスター
(ここではツールではなくてね)などで
チェックを行えるようになっており、
ウェブページが100ページ以上となると
Search Consolの登録で警告をしてくれます。
メリットにいたっても
グーグルがスニペットとして
利用する可能性もあり、
検索キーワードとの関連で良いテキストなどは
使われることもあって
文章から適当な文を見つけられない場合の
備えともなります。
文字数の適正なども
SEO対策では重要となり、
文章を区切ったり、
60文字の文章や
80文字で表せるような説明文の挿入が有効ともなります。
他にも他のページとの重複や
オリジナルの要約文、
ページからのコピーを控えるなどして
心がけることも大切です。
ただ、
ディスクリプションの部分に
ウェブページにはないキーワードなどを
設定するのは良くなく、
コンテンツ要素となるキーワード設定の
サイト説明文を目指します。
タイトルタグへのキーワードは
SEO対策として有効ではありますが、
ディスクリプションにのみ
タイトルタグの選定した
キーワードを入れる必要があり、
ユーザー心理も考慮に入れて
魅力的な文章となるよう
構成を意識することも重要となってきます。
ユーザーの興味を誘い、
クリックしやすいよう地域名を入れたり
意図的にクリックを除外するテクニックも必要です。
ディスクリプションの実際のSEO対策効果は
記事の内容でさまざまではあるようですが、
設定することで、
検索やクリック率が変化して
上手な活用次第では流入数も増えることが期待できます。
これらの構成法や
他のSEO対策ツールの活用や
クリック階層の最適化を図ったり、
状況を総合的に判断できるツールや
SEO要素のみに特化する
診断ツールなどの利用で、
合わせて対策を行うことで検索上位となる構成ができます。