使い方ね。

上級者にはある程度分かって貰える内容と感じますが、
アフィリエイトでクリック率を上げるためには、
タイトルの煽り文句も重要となってきます。
(不快に感じる内容ではないので最後まで読んでね)
つい内容を見てみたくなるような
タイトルにすることができなければ、
クリックをされることもなくなってしまいます。
かといって中身が薄すぎると、
そもそも検索1位になっても読まれても、
スルーされ3秒で閉じられますが。
インターネット上というのは数多くの情報があるわけですから、
どれだけ面白い内容に記事であったとしても
タイトルがつまらないと、そもそも誰も見てくれません。
そのため、多少の煽りは
必然となりクリックしてみたくなるように、
興味が惹かれるタイトルにしなければならないのです。
例えば、スポーツの結果を話題として取り上げる場合、
「今日の試合結果」とするよりも
「驚きの逆転劇その立役者となったのは」
といったタイトルにしたほうが興味が惹かれやすい
というのはいうまでもありません。
中にはタイトルで全てがわかってしまうようなものがあり、
そのような内容だと試合の結果さえわかればいいという人は
タイトルを見ただけで満足をしてしまうということになりません。
結果をそのまま表示するというのは良し悪しであるため
一概に悪いとはいえませんが、
全く惹かれる内容ではなく
単純に事実だけを表記してしまうというのは、
やはりクリック率が高まることはありませんから
アフィリエイトとしてはあまり良いものではないのです。
多少大げさなところではあっても中身が気になるような、
見出しにするというのは
クリック率を稼ぐための常套手段となります。
スポーツの結果を話題とする場合には、
直接試合の結果に触れるような内容は
見出しだけで満足をされてしまうという
恐れがありましたが、
逆にニュース関係の場合には
結果からなぜそのようなことが起きたのか
ということが重要となるので、
簡素な内容のほうが気になって
クリック率が上がるということもあります。
例えば、交通事故の話題を取り上げるときなどには、
「再び○○者が運転する車が人混みに突っ込み7人怪我」という
内容よりも、
「人混みに車が突っ込み7人重傷」のような
タイトルのほうが誰がなぜそのような事故を起こしたのか
ということに興味をも持つことになりますから、
過剰な見出しよりもシンプルに事故の内容だけを
タイトルにしたほうがクリック率が上がるということもあります。
過剰に煽り立てることだけが
クリック率を上げるというわけではなく、
その過程が重要なものに関しては
シンプルであるほうが見ている人のクリック意欲を
煽るということもあるので
題材によってタイトルの煽り文句を
変えることもポイントです。