アフィリエイトの中には、
ページビュー数に比例して報酬が発生したり、
バナーをクリックして貰うことで
お金が貰えるタイプなどが存在します。
クリック率は、バナーのクリック率を広告バナーの
表示回数で割って出される数値であり、
高ければ高いほど1回あたりのクリックで
得られる収入が高くなっていく傾向にあります。
アフィリエイトではこのクリック率が
収入に大きな影響を与えることになり、
クリックさせていくことが重要となります。
こうした頻度をアップさせていくために大事なのは
アクセス解析の比較です。
アクセス解析をすることで、
読者がどのページを見ているかということや、
ヘビーウオッチャーの存在、
クリックしてもらえる記事とは何かなど事細かにデータが出て、
とても参考になります。
アクセス解析のサービスはどこでも行われていますが、
最初から設置してあるところから、
自分で設置をしなければいけないところまで様々です。
最初から設置してあるところであれば、
簡易的なものであれば無料で利用することができ、
課金をすることで詳細なデータを手にすることができます。
自分で設置をしなければならないアクセス解析の場合、
簡単に設置できるようなパターンと
複雑な設置方法のパターンがあり、
結果としてアクセス解析がうまく機能せず、
情報が思うように集まらないこともあります。

アクセス解析で重要視されるのは導線です。

どのページに集中して集まるのか、
どこがキッカケとなっているのかを知ることで、

その導線を意識したコンテンツを
作っていくことができます。
また、どのコンテンツが滞在時間が長いかというのも大切で、
滞在時間が長ければ長いほど、
ページ全体を信頼して貰えている可能性が高く、
バナーのクリック率も高めです。
滞在時間が短ければ、
バナーのクリックの可能性は低いため、
アフィリエイトでは、
ここに拘ることも大切です。
他にもユニークユーザーやそのページだけ見て帰る直帰率、
離脱率などもアクセス解析では分かります。
サイトの状態を如実に知らしめてくれるアクセス解析は
サイトで副収入を稼いでいくためには
なくてはならないツールです。
自分のサイトの弱点、強みを知り、
それに合わせて補ったり、
強化したりすることで現状の収入より
数段レベルを上げることができます。
アクセス解析の比較をしていくことで、
さらなる収入アップを目指すことが可能です。