様々ある文章の種類
「文章」と一言で言っても様々なものがあることは、
あなたはお分かりだと思います。
実は、
その種類によって、
書き方は異なります。
ですから、
それぞれの文章がどういう性質のものかをわかってないと、
あさっての方向のものになってしまうでしょう。
もちろんここで説明するのは、
アフィリエイトにも代表されるネットでの文章の書き方です。
ただ、他の種類の文章と比較しながら
そのポイントを説明したほうがわかりやすいと思いますので、
簡単にその部分を説明します。
もちろん必要ありません。
これは一般的に物語や小説での展開を表現するものですが、
実は小説でもそうではない場合が多いです。
学校で新聞のコラム欄が「起承転結」になっているので、
これを要約する作業をするように
という宿題を出されたことがありますが、
実は大人になって改めて読むと、
さしてそのような形式になっていません。
あくまで1つの例でしょう。
このように書いていけば面白い文章が書けますよ
という「指針」と思ってよいと思います。

論理性は必要なの?

論理性が要求されるのは、
書いた人ならわかりますが「学術論文」くらいでしょう。
結論に至る理由付けを論理立てて論じるものです。
ただ、
これはネットでの文章ではほとんど不要でしょう。
なぜなら、理屈っぽくなってしまいますし、
読んでいてあまりスムーズに読めるものでもないからです。
端的な理由づけであれば問題はないでしょうが。
ただ、
ここが必ずしもポイントになるわけではなさそうです。
逆に言えば、
商品の説明を論理立てて論じる必要もありませんから、
必要以上にこだわることはないです。
ただ、
相手を説得させる武器にはなりますから、
ネットでも少し入れてもよいかもしれません。

では、何がポイントなの?

ネット、特にアフィリエイトでは、
読み手に興味を持たせなければなりません。
「端的にわかりやすく」がポイントでしょう。
一読してさっと頭に入るものがよいと考える方がよいです。
そのために、
あまり難しい言葉を使うのは避けたほうがよいですし、
「短文をリズミカルに読ませる」ものがよいと考えます。
「知らないうちに最後まで読んでしまった!
それにしても興味がある!もっと知りたい。」

と思わせるような文章です。
短文でたたみかけるような流れになるのが理想でしょうし、
いろんな方の文章を読んでみるのもよい勉強になります。
あなたも人をひきつける文章を書くことがきっとできるはずです。