アフィリエイトをやってみたいけれど、
文章が苦手でどうしてもやる気が起きない。
そう思い込んで稼げるはずのお金を
みすみす見逃している人が大変多いです。
活字離れがこれほど叫ばれている昨今、
小説や雑誌などの売れ行きは伸び悩み、
現代人は活字よりもゲームや動画に熱中しています。
この現象から考えてみても、物を売ることにおいて
活字だけが決して有効的な手段ではないわけです。
むしろ成功するアフィリエイトの記事の書き方
というのはあまり文章が上手でないほうが
むしろ効果的な場合もあります。
自分自身が商品を開発し、
そこで会社を立ち上げて、
販売や流通まで行っているのであれば、
高い文章力の記事が必要となるでしょう。
なぜなら、そこに書かれていることが
商品そのものの信頼に関わってくるからです。
しかし、
アフィリエイトは自分自身が
物を作っている訳ではありません。
商品についての詳細を知りたければ、
その開発元の会社のホームページへ行って
いくらでも調べれば良いのです。
つまり、
必要なことは決して上手な文章を書くことでも、
長い文章を書ける能力でもないということです。
ホームページが普及し始めたばかりのころは回線が遅く、
一枚の写真を読み込むだけでも
かなりの時間を費やしていました。
しかし、今は高画質な動画ですら
テレビとほぼ変わらないクオリティで視聴することが可能です。
もはや読み込みの早い文字だけを武器とする時代は
終焉を迎えている訳です。
大事なことは、
すべて商品元のサイトへのリンクへ誘導しましょう。
後は自分自身が読んでいて疲れない、
そしてワクワクするような文章で表現すれば良いのです。
文章が苦手な人ほど
活字が嫌いな人の気持ちが分かるでしょうから、
まさに短所は長所と言えます。
売る手段は写真に動画、
イラストなど様々です。
得意分野をしっかり把握して
自分の才能を偉観なく発揮することが成功のコツといえます。
文章が苦手な人のなかには
書くのが面倒くさいという人もいるでしょう。
そういう人はマイクを使って
自分の声で商品紹介や解説を行えば良いのです。
書くべき文章は、簡単なタイトルと、
動画や音声の概要だけで済ませることができます。
ビジネスのすべてにおいて言えることですが、
目的は売れることなのです。
その手段に正解はありません。
どんなにうまい文章で書けている記事があったとしても、
画像一枚で商品が売れるのならば、
そちらの方が正解と言える訳です。