潜在顧客とは情報教材やサービスの価値や必要性を
気付かせてあげられれば見込客になる人のことです。
見込客とは情報教材やサービスに対して興味関心があり、
購入したいと思っている人のことです。
見込客は「教材名」によるネット検索や「申し込み」「契約」などという
検索意図の行動!
で選ばれるようなキーワードを使います。
そうなると、基本的にレッドオーシャンとなり、
競合も多いので中々上位表示をする事が出来ない
というハードルはあるものの、
ズラして上位表示できれば
コンテンツ量がそれほど充実していなくても
ある程度の成果を出すことが出来るでしょう。
でもアフィリエイトを始めたばかりというアフィリエイターは
見込客を掴みに行くことは難しいのが現状です。
そうなると、
結果的に潜在顧客に対してアプローチしていく事が求められます。
例えば、「着やせするコーデ」の情報を提供して、
ダイエットにまつわる商品を売るといったような感じです。
検索ユーザーのニーズとしては「着やせ!」という願望ですが、
その為にも、痩せる事は何もしないのではなく、
今の身体を少しでもキレイに痩せたい
というニーズが出てくる訳ですね。
その結果、ダイエットや美容の商品が売れるという訳です。
このように、ひとつのジャンルにはまったく関連性がない?物で
商品を売ることができます。
そのためにも、着やせ→ダイエットに対する魅力・効果、
それを手にする事で得られる未来をしっかりと書いて、
顧客が必ずそうなりたい!
と思って貰えるかが成約のポイントとなります。
戻しますが、潜在顧客に対するアプローチとして最も大切なのは
教材・サービスの良さを理解して貰う事です。
ですので、すでに実績としてある顧客満足度、
料金や得られる効果を明確に伝え、この教材・サービスを利用すれば、
再度、このような未来に繋がると強く思って貰うと
少しずつ購買意欲が高くなって行きます。
まずは興味を持って貰う事に全精力をささげて、
あとは購買行動へと移せるような流れが出来れば理想的です。
潜在顧客はショップで例えると、
商品を見ているだけのお客様です。
それから、上手く行くとその次がA商品かB商品で
迷っているようなお客様になります。
そして、見込客はその次の段階でA商品が欲しい!と
強く願っているお客様の事です。
そのため潜在顧客を見込客に上手く持って行くような
流れ・仕組みを作ることが大切という訳ですね。
日頃のチョッとした不満や悩みに共感したり
求めているものとマッチしたときに人は見込客へと変化して行きます。
様々なキーワードを使いながら、
「その気持ちわかる!」と思って貰える言葉選び、
キーワード選びが求められているのです。
適切なアプローチをして
アフィリエイトの成果を拡大してくださいね。