売り上げを倍加するためのキャッチコピーというのが存在します。
あなたは売上を上げるためのキャッチコピーの作り方というのを知っていますか?
今回は、
売上が上がる効果的なキャッチコピーの作り方について解説していきたいと思います。
理由、
キャッチコピーにおいて売り手の言葉と買い手の言葉。
売上を上げるための、素晴らしいキャッチコピーを作成したければ、
売り手の言葉と買い手の言葉というのを知らなければなりません。
あなたは売り手の言葉と買い手の言葉の違いが分かりますか?
事例、今回は、
具体的に売り手の言葉と買い手の言葉を理解するために、
具体例を使って説明したいと思います。
あくまで参考例のキャッチコピーとなりますので、
あなたのお仕事に合わせて変えてみてください。
・ひどい腰痛をマッサージ機によって治療します。
・あなたの家事を1日代行します。
これらの文章は、キャッチコピーとしては成立していますが
売り上げが上がる素晴らしいキャッチコピーかと言われれば、
うなずく方は少ないのではないかと思います。
なぜ、うなずく方が少ないのかと言いますと、
ほとんどが売り手の言葉になっているからです。
なので、
この台詞では私は買いません。

今回、
参考例として並べた言葉は買い手の言葉ではないのです。
1番上の参考例に関しては、
マッサージ機を使って腰痛を治療するという売り手の言葉です。
下の言葉も同様で、
あなたの家事を1日代行します。
という売り手の言葉です。
そこで、
「キャッチコピーを売り手の言葉から買い手の言葉に変える!」です。
売り手の言葉を買い手の言葉に変えたければ、
お客様がその商品やサービスを手にすることで、
どのような未来を獲得できるのか
具体的にイメージさせなければなりません。
獲得できる未来こそが、
買い手の言葉になるのです。
お客様は獲得出来る未来に対して対価を支払います。
しかも、
喜んで!
先程の参考例を買い手の言葉に変えていきます。
・ひどい腰痛が治ったら、まず何がしたいですか?
・家事を丸投げして、空いた時間を有効活用しませんか?
といったような感じです。
同じようなキャッチコピーでも、
売り手の言葉から買い手の言葉に
変化させることで、
お客様の反応というのも断然変わってきます。
キャッチコピーの売り手の言葉と
買い手の言葉のイメージの違い!
売り手の言葉というのは、
お客様の感情にあまり訴えかけません。
どちらかというと自己主張で言葉を発言するような感じです。
一方、
買い手の言葉というのは違います。
買い手の言葉は、お客様の感情をくみ取り、
明るい未来をイメージすることができます。
少し視点を変えるだけで、売上というのは変わってきますので、
1度決めたキャッチコピーを完成だとは思わずに、
何度も修正しながら良いものを求めて修正していきましょう。
結論、
キャッチコピーをゼロから生み出すとなると、
非常に難しいことのように感じますが、
実は身近な所に素晴らしいキャッチコピーがたくさんあります。
少し外出したときに、
週刊誌の表紙や電車の中刷り広告など。
参考になるものがあれば、
なぜ参考になったのかをしっかりと考察して、
自分のキャッチコピーに取り入れてみてね。

コメントをどうぞ