売上が上がるボディコピーには、
しっかりとした要素があります。
あなたは売り上げが上がるボディコピーの要素を知っていますか?
もし知らないのであれば、
売上が上がるボディコピーの要素について勉強することをお勧めします。
ボディコピーは具体的に書かれているか?
ボディコピーとは、
キャッチコピーを見て興味を持ったお客様が読む文章のことです。
つまり、ボディコピーというのは、
キャッチコピーに関する情報を提供する場であると同時に、
お客様を説得する場でもあるのです。
そのような状況において、
抽象的なボディコピーというのは、
良くありません。
なぜ抽象的なボディコピーが、
良くないのかと言いますと、
お客様の反応率を下げるからです。
例えばですが、
「この方法でうつ病が治りました」という文章があったとします。
この文章を見てあなたは、
どのようなことをイメージしますか?
本当なのかなと思うでしょう。
つまりお客様は、
疑いを持ってしまうのです。
ですがこの文章の後に、
この方法によって86%のお客様がうつ病を改善できたというデータが存在します。
そして、
「うつ病治療で有名な○○先生も推奨してくれています」
というように、具体的に書けば具体的に書くほど、
お客様は疑いの思いをなくしていくのです。
信じない壁を突破する事ですね。
ボディコピーをお客様目線で執筆する。
ボディコピーを書いたときに、
本当にその文章がお客様の悩みを解消するものなのか、

何度も確認しなければなりません。
自分は完璧なボディコピーだと思っていても、
お客様の感情に響かないボディコピーになっている可能性が非常に高いのです。
なぜ、
お客様の感情に響かないボディコピーになるのかというと、
お客様の本当の悩みを分かっていないからでしょう。
お客様目線の文章を書きたいのであれば、
お客様が本当に悩んでいるのは、
何であるのか明確化してボディコピーを執筆していきましょう。
ボディコピーにおける誘導は
具体的にイメージできるようなことを書いたり、
お客様目線で執筆したりするのは、
あなたの売り上げを上げるためです。
具体的なイメージを持たせることができ、
お客様目線で執筆したとしても、
あなたの商品やサービスに誘導することができなければ、
売り上げが上がることはありません。
売上を上げたいのであれば、
どのように行動してほしいのか、
お客様に思いをしっかりと伝えましょう。
ボディコピーのまとめ
ボディコピーはキャッチコピーと比べて、
お客様を教育する要素が非常に強いです。
教育するというと、
イメージしづらいかもしれませんが、
「納得」という言葉を使うとイメージしやすいかもしれません。
この説得や教育ができなければ、
ボディコピーを書く意味はありませんので、
具体的であるかや、
お客様目線であるのかを確認して正しい執筆を行っていきましょう。