これって仕掛けられた方は
相当困るし大迷惑。
お薬に例えると、
ジェネリック薬品のような感じです。
商材が高のか安いのか、
アンカリング効果は主に価格差の心理学ですね。
今回は、
そう言った記事です。
私から購入すれば
こんなにいっぱい特典が付くぉ!
って言うお得感のお話は
一旦、横に置いといて話に入ります。

アンカリング効果をアフィリエイトに利用する方法

アンカリング効果は、
心理学を活用した、
マーケティングとして広く知られています。
もちろん、どんな企業でも、
街のブティックなどの店舗でも
当たり前のようにやっています。
見込み客が、商材を購入する際、
既に自分の中にある情報と比較検討します。
(最初に見た物の高額な価格など)

価格が安のか高いのかという判断基準から、
商品を購入するかを決めます。
(先に安い価格を見ていた場合の販売は微妙でしょう。)
マーケティング業界では、
既存の情報と新たな情報を同時に提示し、
脳をかく乱させるテクニックが使われます。
(購入者は2択しかないと考えてしまいます。)
ネットでの販売事例では、
定価と割引価格を
同時に掲載する方法がよく利用されます。
よくあるのが、定価の数字を横線で消して、
そのすぐ下に現在販売中の割引価格を提示すると、
見込み客は、定価を既存の情報のように認識していますから、
それを基準にして、商品価格が安いと考えます。
もし、その近くに、
残り1点と言った記述があれば、
衝動的に購入ボタンを押してしまいます。
ただし、
この心理学を活用した手法を用いるときには、
注意が必要です。
景品表示法では、
二重価格表示が禁止されています。
つまり、定価で売ったこともないのに、
定価と割引価格を
一緒に表示して販売してはいけないのです。

この心理学をアフィリエイトに活用するには、
どうすれば良いのか。
アンカリング効果をすでに、うまく活用している
商材を紹介するという手段もありますが、
ここでは、アフィリエイターのブログ記事を使った
文章のテクニックを紹介します。

アンカリング効果:記事を読んで頂くことが重要です。

まず、宣伝目的のネット記事が多いので、
多くの人は、
いきなり商品の紹介がされていたり、
商材価格が書いてあったら、
ウザい記事と認識して、
すぐにページを閉じてしまいます。
ですから、
訪問者に記事を読んで頂くには、
さりげなく、
商品に関する有益な情報が記載されていることが重要です。
1例ですが、タイトルに、
「商品Aの価格が不当に釣り上げられている理由」
と煽り文句が書かれていたら、
この商品に興味がある見込み客は、
読まずにはいられなくなります。
人間は、
騙されたくないという気持ちがとても強いので、
このような暴露記事と思わせる
題名に引き付けられる傾向があるのです。
アフィリエイト用の
ブログ記事のタイトルや内容を決める際は、
ペルソナを認識することも重要です。
ペルソナとは
販売相手の理想像のことです。
ターゲットが明確になったら、
そのターゲット1人に対し
直接話しかけるつもりで記事を書きます。
アフィリエイトの場合、
他者の商材より、
自分が取り扱っている商材
の方が安いことを、
説明することになります。

アンカリング効果:他者は価格が高いことを納得させる論理の構築

他者よりも安い理由が明確に説明できたら、
アンリミと○○とか
見込み客の迷いが消え、
リンクをクリックして商材の購入に至ります。
2例目ですが、
デザインや機能がほぼ同じ商品なのに、
A社は8,000円で販売し、
B社は5,000円で販売していたとします。
B社の商品販売ページであれば、
他社製品の価格を比較表示するだけで、
アンカリング効果が期待できます。
このように他者の価格を
セールスページに記した
ネットでの販売事例は多くあります。
もし、A社とB社の商品の品質が同等にもかかわらず、
価格に差があることを証明できれば、
殆どの人は5,000円の商品を購入する決断をします。
もし見込み客が迷っているようであれば、
価格が高い商品の方が品質や機能も
優れているのだろうと考えるからです。
この迷いを消すような
記事を書けばよいのです。
3例目ですが、昭和風に言えばw
A社の商品のテレビCMには、
莫大な広告宣伝費がかかっているため
商品の価格も高くなっている。
といった内容を
記事内で伝える手法もあります。
単に価格を提示するのではなく、
A社の商品価格が高くなってしまうことを
なぜ?と言うように記事に書けば、
見込み客は同品質の商品を安く買えるB社を選びます。
アンカリング効果を活用すると、
文章力で2つの商品価格や
価値の比較もさせることができるのです。

まとめ

今回は、
アンカリング効果について紹介しました。
(アンカリング効果に付いては価格差がポイントです。)
が、このテクニックを応用したアフィリエイト手法としては、
ランキングサイト、比較サイトがあります。
ランキングサイトや比較サイトの場合、
価値の比較が価格だけではなく多様化されますが、
アンカリング効果とは最初に得た価格などの情報を元に
判断するという心理学の効果です。