にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村

なぜなら読者がブログに訪問して
気に入った商品やサービスを見つけて
購入する行為を考えてみれば
詳しく説明する必要はありませんね。
何もそのブログの管理人が
どのような人なのかも知りませんし、
特に興味もなく購入して行きます。
そのブログ管理人が
商品やサービスの品質保証を
してくれる訳でもありません。
にもかかわらず簡単にクリックして
購入してしまうというのは、
消費者の購買意欲をくすぐる何らかの
マーケティング手法が使われている
ということになります。
そして全く知らないブログ管理人が言うことを
信じて購入する訳ですから、
そこに心理学のテクニックが用いられているのは
当然のことなのです。

そもそもアフィリエイトとはどういう業態なのか。

アフィリエイトとは、広告代理業です。
これだけであれば従来から広く行なわれて来た業態ですが、
個人でも参入できるネットビジネスという
意味合いで使われている言葉です。
まず販売者がASPに広告登録をします。
そしてアフィリエイトを行なおうとしている、
アフィリエイターがその広告を閲覧し、
実際に宣伝を行なってみたい
商品やサービスを探します。
そしてアフィリエイターは
そのアフィリエイト用のブログを作り、
記事を何記事か作り、
その中身をASPにチェックしてもらいます。
簡単に承認されますがASPがOKであれば、
ASPは当該の商品やサービスを広告するための
リンクをアフィリエイターに発行します。
そしてインターネットを閲覧する読者が
アフィリエイターがブログで
商品やサービスの紹介をしているのを見て興味を持てば、
そのリンク付きの広告をクリックして購入します。
そうすることで商品やサービスの販売者は
ASP経由でアフィリエイターに報酬を支払うという仕組みです。

アフィリエイターのネットでの販売事例

アフィリエイターが実際に
心理学を学んでいるかどうかは別として、
そうしたセオリーをアフィリエイトのテクニックとして
ノウハウ化されているのは当然のことです。
つまりそうしたセオリーが、
ウェブマーケティングの手法として
活用されているということになります。
以下に具体的な事例として、
スノッブ効果とペルソナについて紹介します。

心理学を利用した販売テクニック:スノッブ効果

アフィリエイターは、
ブログをたまたま閲覧した読者に
商品やサービスを紹介するお仕事です。
でも普通、
商品やサービスの本来の販売者がマーケティング手法を
凝らして広告を打っているのならともかく、
アフィリエイターという間に入っている人が言うことを信じて
全くの第三者に購買意欲を持たせてしまうのですから、
当然そこには心理学を用いた
マーケティング手法が用意されています。
例えば、「スノッブ効果」です。
1例ですが、消費者が鉛筆を購入しようとしたとき、
普通は文房具売り場でお気に入りの鉛筆を購入しますよね。
鉛筆が買いたくてインターネットで検索する人って、
これも少ないですよね。
でもたまたま
鉛筆のことなんて考えてもいないのに
訪問したブログで、
希少な材料を用いて作られた特別な鉛筆がある!
と知り興味を持ってしまったら、
その付加価値を気に入って、
実際に購入してみようという気持になりますよね。
これが、
「スノッブ効果で希少性が売りです。」

心理学を利用した販売テクニック:ペルソナ

ペルソナとは本来、
古典劇において役者が用いる仮面のことを指します。
wiki
今は主にマーケティング手法として、
企業が提供する製品・サービスにとって
最も重要で象徴的なユーザーモデル、
という意味合いで使われます。
アフィリエイターのブログが、
ある商品やサービスの購入者を
特定の人物像になぞらえて
ストーリー化した時に、
読者自身が自分とその人物像が
合致していると感じた場合、
その商品やサービスが
自分自身に必要なものと認識しやすくなります。
この状況になれば、
ブログで偶然見つけてアクセスしたに過ぎない、
読者が、
重要な見込み客に転じるということになるのです。

まとめ

アフィリエイターは、
ブログという限られた情報だけで、
読者に商品やサービスを紹介する、
というのがその仕事となります。
読者はアフィリエイター自身が
どのような人物かを知らないのが普通ですし、
そしてそれにも関わらず商品やサービスに対して
購買意欲を持たせる訳ですから、
読者の心理を良い意味で、
巧みに操るマーケティング手法を
心得ている必要があります。
この記事では事例としてスノッブ効果や
ペルソナというセオリーをお伝えしました。
広告代理業という業態自体は
決して新しいものではありませんが、
インターネットを活用した
ネットビジネスであるという点で、
購入者の心理に入り込む
最新の知見に裏打ちされた
様々なセオリーが活用されているのです。
販売するために心理学を利用すると聞くと
何か悪いことをイメージしやすいですが、
全くそのようなことはなく
テレビのCMや
デパートの売り場などでも
当たり前に利用されている販売テクニックです。

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村